FC2ブログ

お~い!防災屋さ~ん!!

シノハラ防災の社員が月ごとに思いのたけを綴ります。

夏休みにウッドデッキ造りに挑戦しました

間口2700 奥行1800 の大きさです。
材料はすべてホームセンターで揃えました。


まずは基礎石を設置し、12か所の土台石を水平を見ながらモルタルで固めます。モルタルで基礎を固めないと、基礎の浮き沈みが発生する恐れがあります。
ウッドデッキA



土台に柱を乗せ固定金具で土台に取付け、柱に大引きを渡しビス止めします。大引きに幕板固定金具を取付けます。
ウッドデッキB



大引きに床板を貼りますが、動き止めのため床板固定金具で止めていきます。必要に応じて、施工時に目地幅を調整します。
ウッドデッキC



最後に周りに幕板と階段と手摺を取付けてウッドデッキは完成です。
ウッドデッキD



アプローチに石畳のタイルを貼ってみました。
ウッドデッキE



私の感想です。
難しかったのは、基礎の段階で水平を取ることです。
これさえうまくいけば、あとは比較的簡単にできました。

ぜひ皆さんも何か物造りに挑戦してみてはいかがでしょうか。


スポンサーサイト



テーマ:お仕事日記 - ジャンル:ビジネス

  1. 2019/09/05(木) 18:40:34|
  2. 防災日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏季休業に関するお知らせ

誠に勝手ながら、2019年8月10日(土)~8月15日(木)まで、
夏季休業とさせていただきます。
ご不便をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い致します。

  ・ 同休日中の電話・FAXでのお問い合わせはお休みさせていただきます。
  ・ 電子メールでいただきましたお問い合わせにつきましては、
    2019年8月16日(金)以降に順次対応させていただきます。

  緊急時の連絡については次の電話にお掛けください。
  090-4918-9418 または 090-2432-7126

テーマ:お知らせ - ジャンル:ビジネス

  1. 2019/08/09(金) 12:00:00|
  2. 会社からのお知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エアコンクリーニング

これからの時期、大活躍するエアコンのクリーニングをお願いしました。

購入してから約4年半、防カビをうたっているステンレス製かつ自動掃除機能を信じて、ほとんど掃除をしていませんでした。
シーズン前に簡単な掃除と思って内部を見てみると、無いはずのカビらしきものを発見。

自分でクリーニングしようか悩んでいるときに、知人の知人がハウスクリーニング業で開業した情報をキャッチ。
名前は「エアクリン シノハラ」!!
同じ苗字に御縁を感じ、お願いすることにしました。

掃除前の内部の様子。
今まで気にしてなかったけど、樹脂部材がいっぱいある!
そこにはもちろん汚れがいっぱい。カビのつかないといわれていたステンレスの部分にも。
s-DSC_1562.jpg


まずは養生
s-DSC_1560.jpg

そして、分解。外せるものは全部外します。
s-DSC_1564.jpg
自動掃除機能で掃除できないところには、もちろん汚れが。
s-DSC_1563.jpg

ここから本番。
洗浄剤を噴霧。
s-DSC_1566.jpg

洗浄剤かけただけでこの汚れ! (油汚れだそうです)
s-DSC_1567.jpg

そして、高圧洗浄。お湯で洗い流していきます。
s-DSC_1568.jpg

出てきた廃液。
(この汚れを通った空気を吸っていたと思うと・・・
s-DSC_1569.jpg

分解した部品は丸洗い
s-DSC_1572.jpg

丸洗いできない部品は、除菌剤で吹き上げ
s-DSC_1574.jpg

そして復旧
s-DSC_1576.jpg

内部もきれいさっぱり。出てくる風もさっぱり。
s-DSC_1579.jpg


やはりプロにはプロの技がある。
これからは定期的にお願いしようと思います。



エアコンクリーニング
  1. 2019/08/06(火) 18:27:05|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

関門トンネル

車中泊で旅行するのが好きで、本州は残すところ青森・鳥取・島根・山口だったのでゴールデンウィークに鳥取・島根・山口(少し福岡)を回ってきました。
自分の認識は、関門橋のイメージしかなかったのですがトンネル(一般国道)で下関から門司に入りました。
関門トンネルには、もう一つあって人と自転車・原付が通れる人道トンネルがあります。
このトンネルは、対岸まで15分位で通過出来るのですが、今回は門司から入って県境で引き返しました。image1 (2)
トンネル内の県境はこんな感じです

image1.jpeg
壁にもこの様な絵が描かれています

海底トンネルで、歩いて行ける県境は珍しいと思いました。
車で行く旅行も、本州は青森だけなので又計画を立てて完走したいと思います。
  1. 2019/07/03(水) 18:52:48|
  2. 防災日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

防災意識高い系男子

わたくしキャンプに行く事があります
たまに独りで…
バイクで行くのですが
バイク


家の前で荷物を括り付けている時
近所の人に見つかり
「あーキャンプですかぁ? えっ?独りで???」
余計なお世話です
最近"ソロキャンプ"と言って流行りなんですよ

今日はキャンプ道具の一部を紹介します
なぜならばわたしはこれらをいつでも持ち出せる場所に置いて、いざという時に備えているからです
リモコン

<20cm×20cm×10cmくらいの大きさ
中に入ってるのが
なべとフタ、皿、カップ、バーナー、ガスボンベ、塩コショウ
中身

この他にも必要なものはあると思いますが
とりあえずは最低限の装備が置いてあります

楽しみながら防災用品を揃えたり考えたりすることは良いことだと思います
  1. 2019/07/03(水) 18:50:26|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ