FC2ブログ

お~い!防災屋さ~ん!!

シノハラ防災の社員が月ごとに思いのたけを綴ります。

季節の変り目

我が家の愛車は、冬の間スタッドレスタイヤを履いています。

ウィンタースポーツが好きなので、スタッドレスタイヤに履き替えるとワクワクし、
サマータイヤに履き替えるとシーズンが終わってしまったと少し寂しくなります。

12月初旬と4月初旬にタイヤ交換を行います。
今年は暖冬なので、早めに変えようと思ったら、季節外れの積雪でいつもと同じ時期になりました。

今回は、タイヤの交換手順をご説明します。

まずは、工具。 油圧ジャッキ・クロスレンチ・トルクレンチ・輪止め
 1工具

交換する夏タイヤ
 2夏タイヤ

1.ジャッキアップ中に車が動かないように、交換するタイヤの対角のタイヤに輪止めをします。
 3輪止め

2.ジャッキをセットし少し持ち上げます。この時はまだタイヤは接地してます。
 今回はフロアジャッキなので、二輪ずつジャッキアップします。
 ジャッキアップポイントは車の取扱説明書に書いてあります。
 ジャッキアップポイント以外にかけると車が壊れますので、要注意。
 4前ジャッキ

3.クロスレンチでナットを緩めます。
 ナットを緩めるときに力がかかるので、タイヤを浮かせてしまうと危険です。
 5ナット緩め

4.タイヤが浮くまでジャッキアップ。
 6ジャッキUP

5.ナットを外し、タイヤを外します。
 8タイヤ外し

6.タイヤを取付ナットを仮止めします。
 ナットはタイヤがガタガタしない程度に締めます。外すときと同様に力をかけて締めると危険です。
 9仮締め

7.ジャッキを降ろし、トルクレンチで本締めを行います。
 11本締め

 交換したタイヤを片付けます。
 トレッドに詰まった小石を取ります。
 12石取り

 タイヤを洗います。普段洗えない裏側もきれいにします。
 13洗浄2

 洗ったタイヤを乾かしている間にガソリンスタンドで空気圧チェック
 14エアーチェック

 カバーをかけて来シーズンまで保管します。
 15収納




スポンサーサイト



  1. 2020/04/09(木) 18:34:07|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エアコンクリーニング

これからの時期、大活躍するエアコンのクリーニングをお願いしました。

購入してから約4年半、防カビをうたっているステンレス製かつ自動掃除機能を信じて、ほとんど掃除をしていませんでした。
シーズン前に簡単な掃除と思って内部を見てみると、無いはずのカビらしきものを発見。

自分でクリーニングしようか悩んでいるときに、知人の知人がハウスクリーニング業で開業した情報をキャッチ。
名前は「エアクリン シノハラ」!!
同じ苗字に御縁を感じ、お願いすることにしました。

掃除前の内部の様子。
今まで気にしてなかったけど、樹脂部材がいっぱいある!
そこにはもちろん汚れがいっぱい。カビのつかないといわれていたステンレスの部分にも。
s-DSC_1562.jpg


まずは養生
s-DSC_1560.jpg

そして、分解。外せるものは全部外します。
s-DSC_1564.jpg
自動掃除機能で掃除できないところには、もちろん汚れが。
s-DSC_1563.jpg

ここから本番。
洗浄剤を噴霧。
s-DSC_1566.jpg

洗浄剤かけただけでこの汚れ! (油汚れだそうです)
s-DSC_1567.jpg

そして、高圧洗浄。お湯で洗い流していきます。
s-DSC_1568.jpg

出てきた廃液。
(この汚れを通った空気を吸っていたと思うと・・・
s-DSC_1569.jpg

分解した部品は丸洗い
s-DSC_1572.jpg

丸洗いできない部品は、除菌剤で吹き上げ
s-DSC_1574.jpg

そして復旧
s-DSC_1576.jpg

内部もきれいさっぱり。出てくる風もさっぱり。
s-DSC_1579.jpg


やはりプロにはプロの技がある。
これからは定期的にお願いしようと思います。



エアコンクリーニング
  1. 2019/08/06(火) 18:27:05|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

防災意識高い系男子

わたくしキャンプに行く事があります
たまに独りで…
バイクで行くのですが
バイク


家の前で荷物を括り付けている時
近所の人に見つかり
「あーキャンプですかぁ? えっ?独りで???」
余計なお世話です
最近"ソロキャンプ"と言って流行りなんですよ

今日はキャンプ道具の一部を紹介します
なぜならばわたしはこれらをいつでも持ち出せる場所に置いて、いざという時に備えているからです
リモコン

<20cm×20cm×10cmくらいの大きさ
中に入ってるのが
なべとフタ、皿、カップ、バーナー、ガスボンベ、塩コショウ
中身

この他にも必要なものはあると思いますが
とりあえずは最低限の装備が置いてあります

楽しみながら防災用品を揃えたり考えたりすることは良いことだと思います
  1. 2019/07/03(水) 18:50:26|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春に向けてシューシャイン(靴磨き)

靴磨きを久しぶりにやってみました。
モデルはこちら ※なかなかの汚れです
268.jpg



使用する道具
270_2019040517480175e.jpg




まずは、靴の中にシューツリー(木型)を入れておきます。
274_201904051748270e2.jpg





ブラシ(馬毛)で全体のよごれ・ほこりを落とします。
272_201904051752272f3.jpg






クリーナーで古いオイルやワックスを落として、乳化性クリームで
保湿と栄養を与えます。
277_201904051750195d1.jpg




次にワックスで磨きますが、米粒ほどの水滴が重要です。
そして、全体ではなくつま先だけをピカピカにするのがポイントです。
282_2019040517504975e.jpg




何度か繰り返すとこんな感じになります。
287.jpg


この靴も13年ぐらい履いてますがまだまだ現役です。
次はスエードでも磨いてみようかと思います。
  1. 2019/04/05(金) 17:53:26|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鎮守の杜にて

毎年この季節になると「アオバズク」というフクロウが子育てにやって来ます。
場所は平塚のとある神社。大きなタブの木の洞(うろ)でヒナを育てます。

アオバズク 2
こちらは母親


アオバズク 1
こちらは3兄弟



ここで生まれ育ったこの子たちも、いつかこの場所に戻ってきて子育てをするはずです。


アオバズク 3
それまでガンバレお母さん





  1. 2018/08/07(火) 18:28:40|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ