FC2ブログ

お~い!防災屋さ~ん!!

シノハラ防災の社員が月ごとに思いのたけを綴ります。

工事での一コマ

先日、工事で配管を凍結する業者さんとお仕事。

配管を凍結させる為に使用するのが 「液体窒素」
液体窒素は「マイナス196度」だそうです。全く想像がつかない温度。
111.jpg
液体窒素が入っている容器が上記

222.jpg
333.jpg
小分けにする容器

444.jpg
555.jpg
液体窒素を容器に入れてしばらくすると
冷たさで容器の下部が凍ってしまいました。恐るべし液体窒素の威力

凍結業者さんにお話を伺ったところ
「仮に液体窒素が掛かってしまっても一瞬であれば特に問題ないですよ」との事。

手に掛かってしまっても、手には体温(温度)があり、温度差で液体窒素を はじいてしまうそうです。
そのまま液体窒素に手を浸すと、だんだん手の温度が下がり、下がった箇所に液体窒素が付着するようになり、
最終的には凍ってしまうそうです。

「せっかくですから触ってみてもいいですよ」と言って下さったので

666.jpg

ものは試しに、かなりビビりながら、手を入れてみます。
写真だと伝わりませんが、たしかに温度差ではじいて、手は問題ありません、冷たさも感じませんでした。

777.jpg
888.jpg
余った液体窒素を容器に戻す作業風景、物凄い煙です。

なかなか無い機会と貴重な体験、勉強になるお話が聞けました。
以上。

スポンサーサイト



  1. 2021/04/09(金) 17:24:16|
  2. 防災日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

趣味のオーディオ

趣味のオーディオ
  1. 2021/03/08(月) 17:26:26|
  2. 防災日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご利益はあるのか?

息子の就職活動が佳境を迎える前に、「神様仏様頼み」と言うことで、鎌倉の極楽寺の近くにある成就院(じょうじゅいん)という
こじんまりしたお寺に参詣してきました。学業成就や縁結びにご利益があると評判のお寺です。
「就職先と良いご縁がありますように」との思いでお参りしました。
                     s-IMG_E6827.jpg
不動明王の像を写真に撮り、待受け画面にすればご利益間違いなしとの触れ込みですが、妙に新しく果たしてご利益はあるのかは疑問です。


季節は冬真っ盛り、可愛い冬鳥の写真で癒されてください。
ルリビタキのオス
s-IMG_6757.jpg

トラツグミ、来年の干支です
s-IMG_6756.jpg
  1. 2021/02/05(金) 17:33:58|
  2. 防災日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

洗濯機の大掃除!

明けましておめでとうございます。

今年の年末年始は新型コロナウイルスの感染者増加につき、例年通りとはいかない方々も多かったと思います。
私も帰省を取り止め、家の年末大掃除で洗濯機の洗濯槽の分解清掃をしてみましたので、その様子をお届けします。

以前より分解清掃はやってみたかったのですが、清掃方法を調べて実施してみました。
そもそも洗濯槽の汚れは、主に洗濯洗剤、柔軟剤の溶け残りが糸くずに付着してカビを誘発、汚れや臭いの発生源となります。


半年に1回ペースで洗濯槽にお湯を溜めて、市販の洗濯槽クリーナーで浸け置き掃除はしていましたが、我が家の14年使用している洗濯機の洗濯槽は果たしてしっかりと見えない所まで綺麗になっているのか、恐る恐る洗濯槽を外してみました。

写真をご覧下さい。
IMG_6867.jpg
IMG_6871.jpg


洗濯槽の満水ラインまでは驚くような汚れは無かったのですが、槽上部の付近と槽の底裏はどうしても汚れが付くようです。
また槽内部の取り外しが簡単にできないパーツ裏の汚れまでは、クリーナーでは落とせないようです。
個人的には構造上しょうがないなぁ。と思うところもあり、ある程度の洗濯槽クリーナーの効果は出ているのではと実感しました。

IMG_6878.jpg
IMG_6877.jpg
IMG_6880.jpg
IMG_6885.jpg



取り外した洗濯槽とパーツの汚れをしっかり落とし、影干しして再取付けです。
普段できない、見えない部分の汚れを落とし切る事ができて、すっきりしました。
ご興味がございましたら、(あくまでも自己責任の上で)お試しください。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

テーマ:お仕事日記 - ジャンル:ビジネス

  1. 2021/01/07(木) 17:23:24|
  2. 防災日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鹿を発見

昨年の初秋に、深夜バイクで一人青梅から秩父を目指して走っていた時のことです。
民家もほとんどない山道で、ヘッドライトの先に鹿が現れました。
この日は約6頭の鹿を見ることができたのですが、暗闇の中一人で走っているとやはり怖かったです。

その日を境に、今年の春になってから再びバイクや車に乗って行くこと約7回、確実に鹿に出会えました。

IMG_3398pg
今年車で行った時の写真(お尻がハート)


IMG_3397.jpg
暗闇の中スマホの写真は限界です。

冬になる前に、又会いに行きたいですね。

テーマ:お仕事日記 - ジャンル:ビジネス

  1. 2020/10/08(木) 17:33:32|
  2. 防災日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ